意外に多いマンション雨漏り

by:

住宅関連千葉屋根リフォーム

雨漏りというと、屋根からのものというイメージが多いですね。確かに、瓦やスレート、トタンで構成される屋根は、部品点数が多いこともなり、その隙間など弱い部分が風雨によって浸食されやすいです。雨漏りの一番の発生個所が屋根であることは、間違いありません。そうなると、最上階意外には、基本的に屋根がないマンションであれば、雨漏りの被害には遭わない、と思うのは早合点です。

実は、マンション雨漏りも意外と多いのです。マンションの場合、屋外にさらされている箇所は、玄関側とベランダ側の2ヵ所に絞られます。上の階がありますので、基本的には屋根からの雨漏りはありません。ただし、階上のお部屋から水漏れがする場合はありますが、今回はこの例は別としましょう。

マンション雨漏りが発生しやすいのは、ベランダ側です。ほとんどのマンションは外壁をコンクリートで作っていますが、更にその上から塗装を施しています。この塗装部分は約15年程度で剥げてしまいます。塗装には防水の効果もありますので、塗装が剥げると、コンクリートが直接風雨にさらされて劣化します。

また、コンクリートは寒暖の差によって膨張と収縮を繰り返しいますので、その結果、ひび割れが発生します。コンクリートのひび割れは、小さければ強度には支障はないのですが、雨漏りに関しては問題です。このひび割れから水が滲み込んで、部屋の内部に達する場合があります。これがマンション雨漏りの一番多いパターンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です