家雨漏りの症状とその原因について

by:

住宅関連埼玉屋根フォーム

家雨漏りというのは、雨が降って、雨水が家の屋根や壁から屋内に入ってくることです。家の中にある水道管に問題が発生して水が屋内に入ってくるのは漏水といい、家雨漏りとは異なります。家雨漏りは、雨が降って生じるのです。家雨漏りが疑われるのは、天井に染みの様な者ができてきたり、強い雨の時にぽたぽたという音が聞こえたり、雨風が強く、雨が横殴りに降ったときに下手の壁などに染みができたり、雨が降ってくると窓枠などから水の染みができたり、そして、雨が漏るような音はしていないけれど、雨が降った後はなぜかかび臭い匂いがする、と言うような場合です。

以上のような場合には、専門の業者に相談して調べてもらった方がよいです。雨の染みやぽたぽた音がする箇所の真上から、雨水が漏っているとは限らず、雨漏りの原因となっている箇所を特定するのはかなり困難です。かりに雨水がもれている箇所を特定できたとして、自分でホームセンターでコーキング材を買って来て塗ることにより応急処理できる場合もあります。しかし、素人が屋根の上を歩き回ることで、逆に別の箇所から雨が漏りやすくなることもあります。

なお、家雨漏りは、単なる経年変化だけではなく、時間が経過するうちに台風などの災害が重なって発生することが多いのです。全面的な修理には費用もかかりますが、火災保険に入っている場合には、風水害関連の補償が受けられる可能性もあります。まずは専門家に相談して、原因を特定してもらいましょう。それからどのように修理していくかを決めればよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です