ブランド品を通販で買うことは、現代社会では買い物形態における一つの形として確立しています。このような形態においては、様々な仕事が色々な形で携わっているということが言えます。インターネットにおける買い物では売り手と買い手が主になりますが、これらの主体以外にも様々な形で関与する存在があります。両者の取引が成立するために、それを支える存在や契約ができる状態を維持する仕事に携わるような人々のことです。

ブランド品については、それ販売している会社はもちろんのこと注文を受けて発送するときの輸送も関連します。すなわち、注文者のもとへ届けるための運送業者なども関与しているということを意味しています。その他にも、通販サイトを運営しているときにおける保守点検などを請け負っている会社も含まれます。また通販において、商品を送り届けるときに梱包のための消耗品を扱う会社も関わっています。

加えて、他にも、買い物をしたときに代金の支払いに関わる金融機関も例として挙げることが可能となります。このように、ブランド品の通販というビジネスにおいては様々な業種が関与している状態なのです。これらの業種は、各々の仕事を完遂することによって利益を稼ぎ出すことができるのです。インターネットによる販売主と注文者は、縁の下の存在があることによって売買契約が可能となっています。

そのため、縁の下の力持ちは売買契約を支えている重要な存在と言及することができます。