日本人は無類のブランド好きと言えます。洋服もバッグもシューズ、アクセサリーなどもできるだけ名前の通ったブランド物でコーディネートしたいという人も少なくありません。ブランドの魅力は何と言っても優越感に浸れることであると言えます。それを持ったり身に付ければ、自尊心が満たされ自信を持つこともできます。

また容姿やスタイルにコンプレックスのある人は高価なブランドを身に付けることによりこうしたコンプレックスをカモフラージュすることもできます。現代の日本はデフレ経済であり、ブランド品を正規の路面店やブティックで購入しようとする人は非常に少なくなっています。それはブランドのブティックではほとんどセールや値引きが行われないからです。賢い消費者はブランドでもインターネット通販で購入する傾向にあります。

インターネット通販ではブティックや路面店よりも一割から三割程度安い値段で購入することができます。しかし安く販売されている分、今シーズンのものではなく古いデザインのものも沢山あることを心得て利用しなければいけません。しかしブランドのブティックや路面店ではシーズンごとに商品を完全に入れ替えるので、買いそびれたり昔のデザインのものがほしくても、そこで購入することはできません。換言すればネット通販はブランド品を年代やシーズンに関係なくリーズナブルに購入することができると言えるでしょう。

最近では若い人の間でヴィンテージやレトロブームであり、かえってネット通販は古いデザインをリーズナブルに購入できるとあって重宝されています。